がんの転移を防いで健康を取り戻す|ハッピーライフの送り方

病院

直腸に発症する癌

医者

直腸の癌の症状と原因

近年増加傾向の大腸がんは、直腸がんと結腸がんの2種類に分けられます。大腸がんの4割ほどが直腸がんとされています。直腸がん発症の原因は、未だ明確にはされていませんが、近年の食生活の欧米化や、動物性脂肪の摂りすぎが原因と考えられています。直腸がんの代表的な症状が血便です。また便秘、便の形状が細くなる、腹痛、頻繁に便意を感じるなども症状として現れることもあります。そして直腸がんは全く症状が現れないケースもあり、がんが進行してから発見されることも少なくありません。直腸がんは専門医が診察を行えば、発見は比較的容易な疾患です。排便において何らかの異常が見られたり、早めに大腸肛門科を受診し検査を行いましょう。

直腸に発症する癌の予防法

直腸がんの予防として重要なのが食生活の見直しです。肉中心の食生活の方に特に多く見られ疾患ですので、野菜や魚を積極的に摂ることが最大の予防となります。また食物繊維、カルシウム、ビタミンDを多く含む食事も予防に効果的とされています。毎日しっかり野菜と果物を摂り、また牛乳一杯かヨーグルト一個どちらかを毎日必ず摂るようにすることで、直腸がんのリスクがほぼ確実に下がります。そして運動不足や肥満は、直腸がん発症のリスクを高めてしまいます。直腸がんの予防の為には、ウォーキング程度の運動を毎日1時間行うことが重要とされています。適度な運動は体内の免疫力を高める効果がある為、直腸に限らず体内のがんの発生の予防なも繋がります。