がんの転移を防いで健康を取り戻す|ハッピーライフの送り方

病院

女性特有のがん

看護師

検査が難しい

最近発症する人や死亡者が増加傾向になっているのが卵巣がんです。自覚症状がほとんどないことや診断や検査が難しいことが影響していると思われています。早期のがんで発見されることは少なく、卵巣がんと診断される人の大部分はもうすでにがんが骨盤の外に広がってしまった状態で発見されています。小さい子供から高齢者まで広い年代に発生してしまうことも卵巣がんの特徴の一つとなっています。卵巣は体の中でも多種多様な腫瘍ができる部分で、できる腫瘍の性質も複雑になっています。そのほとんどは良性のもので良性と悪性の中間的なものも存在しています。生活環境が大きな関与をしているのではないかと考えられており、喫煙や肥満、高血圧や糖尿病など様々なものが危険因子とされています。

再発をすると大変に危険

卵巣がんは大変に再発しやすいがんになっています。早期に発見して治療を行っても再発をすることによって命をも落としてしまう人も多くいます。治療の方法は開腹を行って卵巣を切除してしまう方法がとられています。若い患者さんの場合はがんが発生した場所の卵巣を切り取り、その他は残す温存療法がおこなわれています。一般的にこの卵巣がんは抗がん剤がよく効くがんと言われています。有効な抗がん剤の使用によって40%以上のがんの細胞の消失が認められているという結果が出ています。ですが再発をした時の完治はほとんど期待が持てません。このがんは進行してしまってから発見されることが多いため、治療を行ってもその後の成績はあまり良くないがんになっています。